Office

ROUNDDOWN関数:指定した桁数で数値の端数を切り捨てる

  • 再生回数:144

ROUNDDOWN関数を使うと、指定した桁数で数値の端数を切り捨てることができます。
例えば、消費税などの金額の端数処理に使うことができます。

=ROUNDDOWN(数値,桁数)

数値
端数を切り捨てる数値またはセルを指定します。

桁数
端数を切り捨てた結果の桁数を指定します。

例)セルG5に、牛肉の本体価格が562円の場合の消費税額(10%)を求めたい場合、下記のような数式にて求めることができます。

セル【G5】に入力されている数式
=ROUNDDOWN(F5*$J$2,0)

J2の消費税率の10%のセルは絶対参照にする必要があるため、F4キーを押して$を付けます。

ポイント

金額の計算において、小数点以下を切り捨てたい場合にROUNDDOWN関数を使用します。金額を整数の値として表示したい、小数点以下の数値は切り捨てた場合に使用します。