Office

Excel関数 COUNTA関数:空白以外のセルの個数を求める

  • 再生回数:187

COUNTA関数を使うと、指定した範囲内で数値や文字列などデータの種類に関係なく、データが入力されているすべてのセルの個数を求めることができます。

=COUNTA(値1,値2,…)


データが入力されているセルの個数を求めるセル範囲を指定します。
引数は最大255個まで指定できます。

セル【J4】に入力されている数式
=COUNTA(B4:B11)

ポイント

全角で入力されているスポーツクラブの利用者名を関数の引数に設定することによって、利用者数を求めることができます。