Office

SUM関数_範囲内の数値を合計する

  • 再生回数:119

SUM関数は、指定した範囲内の数値の合計を求めることができます。
SUM関数の形式は下記のとおりです。
=SUM(数値1,数値2,・・・)

( )内には、合計を求めるセル範囲または数値を指定します。
( )内に入れるものを引数(ひきすう)と呼びます。
範囲内の文字列や空白セルは計算の対象にはなりませんので、ご注意ください。

<作成方法>
<ホーム>タブの

<使用例1>
セル範囲【B1:B5】の合計を求める場合
=SUM(B1:B5)

<使用例2>
セル範囲【B1:B5】、セル範囲【B10】の合計を求める場合
=SUM(B1:B5,B10)

<使用例3>
下記表のセル【G4】に入力されている数式
=SUM(D4:F4)

 

ポイント

計算機で1つ1つ数字を足していく手間を省くことができる関数です。合計を求めたい時にはSUM関数を使用して、一瞬で合計を求めていきましょう。

エクセルの個別指導、家庭教師、法人での社員研修で使用しているおすすめのテキストは、FOM出版のExcel基礎、応用、ビジネス活用編のテキストです。操作手順が分かりやすいだけでなく、演習問題も多く掲載されているので、エクセルの実力を身につけるには最高のテキストです。現在、ご覧頂いているホームページ上部のメニューのテキスト購入ページから、ぜひ、ご購入ください。