2段階認証とは

ログイン時にユーザー名とパスワードを入力した後、もう一つの別の情報を入力させることで本人確認を強化するものです。追加の情報には電子メールやSMSに送られてくる確認コード、専用のアプリなどに表示された1回限りのパスワードなどが使われます。本人だけが知る情報(パスワードなど)、所有物(パソコンなど)、特徴(生体認証)の3種類のうち、2種類を使う「2要素認証」もあります。個人情報を守るためにも、2段階認証を活用していきましょう。

最近の記事

  1. 文字入力のスピードを速くする方法とは

  2. SNSでハッシュタグを活用してアクセスアップする方法

  3. 安心できるバックアップ方法とは

ツイッター