パソコン用語

ホームページとは

WWW:World Wide Web(ワールド・ワイド・ウェブ) が日本に知られはじめた頃、正しく解説されなかったために用語が混乱して定着した結果、日本ではいくつかの意味で使われています。

まず、WWWを利用してブラウザで表示できる情報画面全般の意味があります。正しくは「ウェブページ」と呼びます。

次に、特定の企業や個人が作ったひとまとまりのページの集まりの意味があります。これは「ウェブサイト」とも呼ばれています。

もうひとつは、各ウェブサイトの最初のページ。通常は「トップページ」と呼びます。本来の意味は、ブラウザを起動すると自動的に表示される最初のページのことです。

ホームページを作成する場合には、レンタルサーバーに自分の作成したホームページを情報をアップロードして公開することができます。最近では、ワードプレスも普及し、ホームページを作成するソフトウェアを購入しなくてもブラウザで作成することができます。レンタルサーバーで有名な会社としては、ロリポップという会社があります。レンタルサーバー会社とはどのような会社であるか、下記広告画像をクリックして参考にしてください。あなたも、自分で情報を発信できるホームページを作成することができます。



error: Content is protected !!