プログラミング

全角スペースを可視化できるプログラミング用フォントを導入しよう

  • 閲覧数:1397

プログラミングのコードを作成するソフトウェア「Visual Studio Code」において、半角スペースを入力したつもりが全角スペースが入っていたりするとエラーを起こしてしまうことがあります。

そのような時に役に立つのが、Ricty Diminished というプログラミング用フォントの導入です。下記アドレスからダウンロードしてインストールすることができますので、利用することをおすすめします。
https://github.com/edihbrandon/RictyDiminished

フォントをインストールした後には、パソコンを再起動してから使用しましょう。

フォントがインストールできたかどうかを確認したい場合には、
下記画面のように、設定画面内の「フォント」から検索してインストールされているかを確認してみましょう。

インストール後は、プログラミングのコードを作成するソフトウェア「Visual Studio Code」の
「ファイル」→「ユーザー設定」→「設定」をクリックし、下記画像のように、
Editor:Font Family の項目内に、「Ricty Diminished」と入力すれば、設定完了です。

 

ポイント

プログラムのコード内に全角のスペースが存在すると点線の丸いマークが表示され、半角スペース以外の文字が入力されていることを確認することができます。