パソコン資格のITパスポートとは?

情報処理技術試験は、昭和44年から始まった経済産業省が認定する国家試験です。この試験区分や範囲を大改訂し、 ITパスポートは平成21年度から 発足しました。

情報処理技術者試験には13種類ありますが、まず始めるならITパスポートがよいでしょう。ITパスポートはITを使用する社会人が知っておくべき基礎的な内容が出題されるので人材育成に広く活用されています。試験形式はペーパーではなくテスト会場のパソコン画面に表示される問題を解くCBT形式です。

試験には3つの分野があります。

1.ストラテジ系
・企業活動
・経営戦略
・システム戦略など

2.マネジメント系
・システムと開発技術
・プロジェクトマネジメント
・サービスマネジメントなど

3.テクノロジ系
・ハードウェア
・ソフトウェア
・アルゴリズム
・コンピュータ構成
・ネットワーク
・セキュリテイ
・データベースなど

どの分野もバランスよく学習しなければなりません。

効率良く学習できるテキストを使用して、短期間で効率良く学習していきましょう。おすすめのテキストは、FOM出版の「ITパスポート試験 対策テキスト&過去問題集 」です。下記画像をクリックすると、Amazonから購入できます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. タイピングの速度を速くするには?

  2. お友達紹介キャンペーンのお知らせ

  3. 入会金無料キャンペーン。9900円分お得です。

  4. パソコンインストラクター養成テキストのご案内(キャンペーン価格にて販売中)

  5. 年末年始の営業日のお知らせ

新着講座内容

  1. 初心者のためのPowerpoint(パワーポイント):バージョン2021、2019、2016

  2. 初心者のためのExcel(エクセル):バージョン2021、2019、2016

  3. 初心者のためのWord (ワード):バージョン2021、2019、2016