文字入力のスピードを速くする方法とは

キーボードを見ないで文字を入力する方法です。ブラインドタッチともいいますが、「ブラインド」に好ましくない意味を感じる人もいるため、通常はタッチタイピングと呼ばれています。

キーボードの「F」には左手の人差し指、キーボードの「J」には右手の人差し指を合わせ、キーボードの「スペースキー」には親指を合わせます。すると、手の位置が決まった位置になりますので、安定して文字入力のスピードが上がります。

タッチタイピングを速くしたい方におすすめのサイトをご紹介します。
こちらをクリックして、文字入力の練習していきましょう。

タッチタイピングの練習用テキストとしておすすめなのが、
パソコンテキストで有名なFOM出版のテキストです。
下記写真をクリックすると、Amazonから注文できますので、参考までにご覧ください。

イピング練習用のソフトウェアも販売されていますので、参考までにご覧ください。

シースリー中嶋講師シースリー中嶋講師

シースリー中嶋講師株式会社シースリー代表取締役

記事一覧

パソコンスクールシースリー(株式会社シースリー)のパソコンインストラクターです。2001年からパソコンインストラクターを始め、多くの法人、個人のお客様のパソコンスキルアップをサポートしてきました。今までの経験を元に、これからパソコンを始める方、スキルアップしたい方向けに情報発信しております。パソコン個別指導、家庭教師、法人研修をご希望の方は、http://www.pc3.jp までご連絡ください。皆様のご利用をお待ちしております。

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. お友達紹介キャンペーンのお知らせ

  2. 入会金無料キャンペーン。9900円分お得です。

  3. パソコンインストラクター養成テキストのご案内(キャンペーン価格にて販売中)

  4. 年末年始の営業日のお知らせ

  5. Wi-Fiの最新規格Wi-Fi6とは?

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. お友達紹介キャンペーンのお知らせ

  2. 入会金無料キャンペーン。9900円分お得です。

  3. パソコンインストラクター養成テキストのご案内(キャンペーン価格にて販売中)

  4. 年末年始の営業日のお知らせ

  5. Wi-Fiの最新規格Wi-Fi6とは?

  1. お友達紹介キャンペーンのお知らせ

  2. 入会金無料キャンペーン。9900円分お得です。

  3. 2021年8月から10月:Zoom体験・活用講習会開催(千葉県白井市)

  4. 東京2020オリンピック ブルーインパルス五輪動画

  5. 2021年2月・3月Zoom体験講習会開催(千葉県白井市)

ツイッター