2020年1月15日から自動配信開始された新しいブラウザー

 パソコンでインターネットを閲覧する場合に、ウィンドウズ10の場合は標準ブラウザーのMicrosoft Edge(マイクロソフトエッジ)、macの場合はSafari(サファリ)を使用している方も多いと思います。その他のブラウザーには、GoogleChrome(グーグルクローム)やForefox(ファイヤーフォックス)があります。

2020年1月15日、ウィンドウズ10の標準ブラウザーであるMicrosoft Edgeの新しいバージョンが登場しました。1月15日以降、ウィンドウズ10を使用中の方は、自動更新によって旧バージョンからバージョンアップします。

 新しいMicrosoft Edgeの最大の注目点は、ウェブページの描画やスクリプトの実行を担うエンジンを新しくしたことです。Google Chromeと同じクロミウムというエンジンを採用することにより、ウェブ表示の互換性を高め、ユーザーの利便性の向上、ウェブ開発の負担低減に役立つ点が注目されています。世界で70%のシェアがあるGoogle ChromeのエンジンをMicrosoft Edgeと共通化することで利用者や開発者の利便性を高め、OSとの連携や使いやすさを向上することが今回のバージョンアップの狙いとされています。

 Google Chromeは、ブラウザーの機能を向上させる機能を追加できる拡張機能というものがあります。このGoogle Chrome用の拡張機能がMicrosoft Edgeでも使用可能になるので、とても便利になります。

今回、バージョンアップすることにより削除された機能があります。Microsoft Edgeが登場した際に画期的だと言われていたウェブページへの手書きでメモする機能が

削除されます。また、新しいMicrosoft Edgeは旧バージョンのようなUWPアプリではなくなります。UWPアプリとは、ウィンドウズ8以降に登場したマイクロソフトストアから直接インストールできるアプリのことです。現在、ウィンドウズ10標準の「メール」や「フォト」などもUWPアプリです。今回UWPアプリではなく、

Google Chromeやインターネットエクスプローラー(IE)と同じデスクトップアプリとなります。これにより、アドレスバー左側のアイコンをデスクトップ上にドラッグすることでウェブページへのショートカットを作成できるようになりました。

その他の変更点としては、操作性の面での変更があります。

旧バージョンのMicrosoft Edgeのお気に入りは画面右端のウィンドウに表示されていましたが、新バージョンのMicrosoft Edgeではメニューバーの星マークをクリックするとシンプルなメニューから選択できる形式に変わります。お気に入りバーは、今までと同じように使用することができます。

また、ブラウザーの設定画面も、右端に表示されるタイプからGoogle Chromeの設定タブと同じように、タブとして表示されるように変わります。

以上のように、インターネット利用者の利便性を高めるためのブラウザーにバージョンアップされていきますので、上手に使いこなしていきましょう。

シースリー中嶋講師シースリー中嶋講師

シースリー中嶋講師株式会社シースリー代表取締役

記事一覧

パソコンスクールシースリー(株式会社シースリー)のパソコンインストラクターです。2001年からパソコンインストラクターを始め、多くの法人、個人のお客様のパソコンスキルアップをサポートしてきました。今までの経験を元に、これからパソコンを始める方、スキルアップしたい方向けに情報発信しております。パソコン個別指導、家庭教師、法人研修をご希望の方は、http://www.pc3.jp までご連絡ください。皆様のご利用をお待ちしております。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. タイピングの速度を速くするには?

  2. お友達紹介キャンペーンのお知らせ

  3. 入会金無料キャンペーン。9900円分お得です。

  4. パソコンインストラクター養成テキストのご案内(キャンペーン価格にて販売中)

  5. 年末年始の営業日のお知らせ

新着講座内容

  1. 初心者のためのPowerpoint(パワーポイント):バージョン2021、2019、2016

  2. 初心者のためのExcel(エクセル):バージョン2021、2019、2016

  3. 初心者のためのWord (ワード):バージョン2021、2019、2016